2018year

こんにちは。
福岡県北九州市八幡西区の「リサイクル&便利屋」オンリー1です。

すっかりお正月ムードも、お正月気分も抜けましたが、オンリー1、2018年第1回目のブログですので、ご挨拶を・・・。

新年あけましておめでとうございます。
旧年中は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。
本年も「リサイクル&便利屋」オンリー1をご愛顧の程よろしくお願いいたします。

お正月三が日が過ぎてすぐお仕事が始まった方もいれば、3連休が終わるまでお正月休みだったという方もいたかと思いますが、3連休も過ぎ、いよいよ本格的に2018年が始動しましたね!
お休み明けは身体がなまりがちになりますが、徐々にいつものペースを取り戻していきましょう♪

さて、みなさまのお宅では、昨年末中に不用品を全てゴミ出しすることができましたでしょうか?

・間に合わなかった
・とてもそこまで手が回らなかった
・めんどくさくなって、また今度でいい!とそのままにしてしまった

などなど・・・、年末に片付けや大掃除をしても、意外と家に残ってしまうんです、不用品。
また、お正月中にこんなケースもよくあります。
お正月って、意外と年末の大掃除より、モノを捨てたくなるキッカケになるんです・・・。

・帰省してきた子どもからの一言

「これ、もういらないから捨てておいてくれない?」
進学や就職、ご結婚などで家を出られたお子さんがいるご家庭では、引っ越しの際、それなりにモノを処分するのですが、持ち主であるご本人が、
「これは置いておいて」
「これはまだ使えるから」
と、処分することに躊躇してしまいがちで、残してしまう物が多くなります。
でも、そのモノと離れて暮らすうち、そのモノに対する執着心が消えてしまうことが多く、帰省してきた時に「いらない」となるんですね。
もっと早く決断して欲しかった・・・なんて事を少し思ってしまいますが(笑)、家を整理するチャンスです!
すぐ、オンリー1にお電話をください。
回収・買い取りにお伺いします。
お子さんが大切にしてきたモノ、リサイクルにまわせたら素敵だと思いませんか?

・子どもが家族を連れて帰省してきたけど、部屋が狭かった

結婚し、ご実家を離れて暮らすお子さんが、家族を連れて帰省してくる。
お正月の楽しみのひとつですよね。
最初はお嫁さん・お婿さんとふたりで帰ってきたのが、お孫さんが生まれ・・・と、人数が増えると、お布団を敷くスペースに困りがちになるお宅が多いのではないでしょうか?
そして、意外と困るのが、増えたお布団をしまう押し入れやクローゼット、物置きです。
お部屋はもちろん、お布団をしまうスペースを広くするために、今一度ご自宅の中のモノを見直してみませんか?
こんな物が・・・と思うような品が、リサイクル品になったり、高価買取回収になる可能性がありますよ!

・親せきが増えた

お子さんもですが、ご親戚も家族が増え、一同で集まった・・・となると、さらに部屋を広くしたい!と思うキッカケになります。
居間やリビングはもちろん、普段あまり使う機会のない客間などの部屋の片隅に、長年置きっぱなしの不用品、家具やインテリアがあれば、今後また大人数が集まる時のために、おもいきって処分しませんか?
まだ使えるのにもったいない・・・なんてご心配は無用です。
オンリー1では、リサイクルできる物は「ゴミ」ではなく、しっかりリサイクルにまわさせていただきます。

・もうこんな大きな家具はいらない

これまで家族や親せき、大人数が集まったのに、色々な状況でその人数が減ってしまった・・・というご家庭も多いのではないでしょうか。
大きなテーブルや、ソファーなど、もう必要ないかなと思うキッカケにもなりますよね。
家具やインテリアが大きいと、普段のお掃除も大変ですし、小さいものに買い替えをしようかなと思われたら、是非オンリー1にご連絡をください。
リサイクルできる物は高価買取をさせていただきますし、もちろん搬出もスタッフが行います。
また、部屋の中の配置換えもお手伝いさせていただきますので、お気軽にお申しつけくださいね。

いかがでしょうか?
心当たりがある出来事はありませんでしたか?
2018年、これからまた1年間住むお宅です。
早いうちに不用品を手放して、スッキリしたお家で気持ちを新たにしませんか?

「リサイクル&便利屋」オンリー1スタッフ一同、今年もお客様のため、地球環境のためのリサイクルに一層力を入れてまりいます。
どんな些細なことでも、是非お気軽にお問い合わせください。


北九州八幡西区の「リサイクル&便利屋」オンリー1
・ http://only1-japan.com/

・TEL 0120-001-737(フリーダイヤル)
(受付時間:年中無休 9:00~21:00)
お問い合わせフォーム
(年中無休:24時間受付)

おすすめの記事